育乳

産後の胸の垂れ・しぼみ…。ママの美バストを蘇らせる方法は?

更新日:

赤ちゃんを産む前後のママのおっぱいは、普段のサイズとりずっと大きく、丸くなりますよね。その時は張りや重さで苦労をするかもしれませんが、赤ちゃんがママのおっぱいを卒業した後、どんどん小さくなっていくバストを見てがっかりしてしまった、なんて経験はありますか?今回は、妊娠前後のバストの変化と、赤ちゃんの卒乳後のバストケアについて知っていきましょう。

妊娠前と出産後のバストサイズはどのくらい違うの?

女性のバストは妊娠から出産後までに、おおよそ2カップのアップダウンがあります。胸が大きくなるピークは出産直後から約5日間程度の間で、どの後1年ほどかけてもとのバストサイズに戻っていくのだそうです。

どうしてこんな変化が現れるのかというと、母乳が出るおっぱいとなったから。ではなぜ母乳が出るようになったのかというと、胸の脂肪の中にある「乳腺」が発達したからです。乳腺とは主に母乳を作るためにある器官。妊娠後からあらわれるものではなく、女性の胸の中に最初から備わっています。思春期の生理前など、胸が張って痛くなった経験はありませんか?それは周期的な女性ホルモンの分泌によって、一時的に乳腺が発達していたからなんです。

産後の胸が垂れるのはなぜ?

一度パンパンに膨らんだバストが小さくなると、本来のサイズに戻っただけだとしても、余計に小さくなったように見えるものです。そもそもどうして産後バストは小さくなってしまうのでしょうか?主な要因はふたつあります。

ひとつめの要因は、乳腺の収縮です。母乳を作るために発達した乳腺は、赤ちゃんがママのおっぱいを卒業するまでにどんどんしぼんでいき、やがて母乳を作らなくなります。乳腺が縮めば、それを守るために集まっていた脂肪も減少するので、バストは小さくなっていくのです。また、授乳中の胸よりも張りも失われるので、垂れたように見えてしまう場合もあります。

ふたつめは、エストロゲンの減少です。エストロゲンとは女性ホルモンの一種。先ほど乳腺について紹介しましたが、乳腺の発達・収縮にはこのエストロゲンの増減が深く関係しています。産後には、プロラクチンという別の女性ホルモンが多く分泌されるようになるかわりに、エストロゲンの量は減っていきます。そして赤ちゃんが母乳を飲まなくなると、今度はプロラクチンの分泌量が減っていくのですが、エストロゲンの分泌量も変わらず減ったままなのです。つまり、メカニズム上再び胸が大きくなるようにはなっていないということとなります。

産後のバストメイクはナイトブラで!おすすめブランドを紹介

そもそも女性の胸とは赤ちゃんに母乳をあげるためのパーツ。だから産後に小さくなるのは自然なこと!とは理解していても、やっぱり気分が落ち込んでしまうのは仕方がないことです。だからといって子育てで慌ただしい時に育乳なんてしていられない…。そんなママに試してもらいたいのが、ナイトブラです。

例えば、ゆったりマッサージする時間がなかなかとれない。サプリメントは授乳中に飲むには少し抵抗がある。でもナイトブラなら、普段のブラのかわりに着ていればいいだけなので、とても手軽に取り入れられます。産後に柔らかくなったバストを支えるナイトブラとしておすすめしたいのは、次の二つです。

その1:ヴィアージュ
産後の胸にヴィアージュのナイトブラが適している点は、伸縮性に長けていて締め付け感がないという点です。なのにバストは、特殊な立体補正でしっかホールドしてくれます。

その2:モテフィット
このモテフィットは、Aカップだった胸を独学で3サイズもサイズアップさせることに成功した人気女性YouTuberのてんちむさんが考案した商品で、眠っている間だけでなく、日中でもつけていられるという点で優れています。もともとのバストの小ささにも悩んでいた女性には、ぜひこちらのモテフィットを試してみてほしいと思います。

産後も諦めずにバストメイクを!

胸元を美しくしていられると、女性としての自信を持ち続けていられる。そう考える女性がたくさんいます。もし産後に胸がしぼんでしまい、日々の悩み・コンプレックスになってしまっているようでしたら、ぜひ手軽なアイテムに頼りながらトライしてみてほしいと思います。

-育乳

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.