ナイトブラ

胸の谷間ってどうやってつくるの?効果的な方法について

更新日:

セクシーな谷間に憧れる…。

夏の海での水着姿や襟がざっくり開いた服を着た時、バストの谷間がチラッと見えると、思わずドキッとしてしまいませんか?ここぞというところでしっかり強調される美バストは、異性でなくても憧れるパーツです。

谷間ができる胸=大きな胸を想像するかもしれませんが、バストサイズはそれなりにあるのに、なぜか谷間ができないパターンは、実はかなり存在します。それはなぜでしょう?今回は、谷間ができる胸のポイントについてご説明します。

胸の谷間づくりに必要な最低条件とは?

・きちんと脂肪がついていること
・左右の胸が離れていないこと
・垂れていないこと

まずは「脂肪」の量について見ていきましょう。ご存知のとおり、胸の谷間は左右の胸がぴたりとくっつくことによってできる隙間のことです。そのためには、ある程度の脂肪が必要なことは想像しやすいですね。適度なカロリーと栄養の摂取、十分な睡眠など、育乳の基本となる生活習慣に意識をむけて、土台を育むところからスタートしてみましょう。

次に、右と左の胸の位置について。「離れ乳」という言葉を聞いたことはありますか?鏡に向かってまっすぐ立った時、左右の胸のトップがそれぞれ外側に向いていたら、離れ乳になっているかもしれません。自分の体にフィットしてないブラジャーを使っていたり、日頃の運動が足りず筋肉が衰えたりすると、バストは正しい位置にとどまることができず型崩れしはじめてしまうので、注意してみてください。

最後に垂れについて。女性の体の老化とともにバストは下がりがちになります。私はまだまだ若いから大丈夫!という油断は危険です。なぜなら、老化だけでなく、歩いたり走ったりといった軽い運動で胸が揺れることも、バストが下がる一因になりえるからです。平日日中の活動時間はもちろん、オフの日でも、起きている間はなるべくブラジャーをつけておくことをお勧めします。

毎日の生活に「ナイトブラ」を取り入れて谷間女子をめざせ!

育乳に必要な栄養補給や、女性ホルモンの活発化などの内側からのアプローチに加えて、矯正下着を利用した外側からのアプローチを加える方法は、効率のよい育乳方法と言えます。

矯正下着の使い方がわからない…。矯正用だからといって、地味な下着をつけるのは気が乗らない…。そんな心配をお持ちなら、ぜひチェックしてほしいのがナイトブラです。ナイト(夜の)ブラということで、眠っている間に着用する下着となっています。

ブラをつけて眠るとどんなよいことがあるのかというと、まずひとつに「就寝中の胸を衝撃から守ってくれる」ということ。眠っているからといって、全身のパーツがきちんと休まっているとは限りません。例えばバストは、ブラを着用している昼間よりも、ノーブラの状態で刺激をうける(仰向け、寝返りなど)夜間の方が、多くのストレスをうけているのです。ナイトブラを着用することで、このストレスを軽減することが可能になります。

次に「ブラカップに集まった脂肪を朝までしっかりホールドしていてくれる」ということ。脂肪は形状記憶する性質をもっているので、長い時間同じ場所にあると、徐々に定着していきます。胸の脂肪をカップに閉じ込めておくことに長けているナイトブラを着ていれば、背中や脇、お腹のお肉を効率的に胸の脂肪に変えていけるかもしれないのです。

さらに「冷え・乾燥からバストをまもってくれる」ということが、主なメリットとしてあげられます。冷え性に悩む女性は大勢いますが、冷え性対策をきちんとしている人はその半数程度というデータがあります。冷えは育乳の大敵。もし特に冷え性対策をしていないという方がいたら、手軽にナイトブラをつけて体温を保つことから始めてみませんか?胸用の美容クリームを塗ったあとにナイトブラをつければ、さらなる保湿効果も期待できます。

可愛いナイトブラで、セクシー谷間の美乳をめざせ

デザイン・カラーバリエーションともに豊富になってきているナイトブラ。お気に入りの一着を見つけて、楽しく育乳できる女性がひとりでも増えたら嬉しく思います。

-ナイトブラ

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.