ナイトブラ

簡単な運動でバストアップ!美乳女子になるエクササイズを紹介

更新日:

バストアップと運動の関係とは?

どうすればバストアップできるんだろう?と考えた時、「運動」が頭をよぎったことはありませんか?必要な胸筋を維持しておくことが、バストアップと美バストの維持に大切という話は、すでに有名ですよね。最近では胸の筋肉を活性化させるためのスポーツアイテムや、バストアップメニューに特化したスポーツジムなども見られるようになりました。

ただ、せっかく道具を買っても失敗したらどうしよう。ジムも、忙しくて通えなくなったらどうしよう。そんな不安からなかなか手が伸びにくいのも事実です。そこで今回は、ひとりで、どんな場所でも、カンタンにできるバストアップ運動について紹介したいと思います!お家で、学校で、オフィスで、リフレッシュもかねて挑戦してみてくださいね。

どうして運動が効果的なの?

胸には、「大胸筋(だいきょうきん)」という筋肉があります。この大胸筋が、バストにとって「土台」の役割を果たしていて、筋肉によって胸を支えて、上向きの丸い美バストを保ってくれています。

逆に、この大胸筋が必要最低限発達していないと、バストを支える力が不足して、垂れ乳や離れ乳といった型崩れの原因となってしまいます。

もちろん、バストアップ効果のある運動を1日だけやったからといって効果が出るわけではありません。筋肉へのアプローチは、継続することがなにより大切。そのためにも、無理なく続けられるメニューを知りたいところですよね。

ステップ1:バスト周りの筋肉をほぐそう!

激しい運動をする前に準備運動をするように、バストアップのための運動にもウォーミングアップが必要です。やり方はとても簡単!右手を右肩に、左手を左肩に添えて、円を書くように肘を回しましょう。時計回りに10~15回ほど回したら、逆にも回してください。大胸筋は胸だけでなく、肩の方にまで繋がっているので、大きく動かす必要があります。

ステップ2:カンタン腕立て伏せで大胸筋を鍛えよう!

腕立て伏せなんて一回もできない!という女性でも安心してください。ここでご紹介するのは、いわば「なんちゃって腕立て伏せ」です。床でするなら、手と膝を床につけた体制のまま、肘を曲げて上半身を下げます。そのまま肘を伸ばして体をもとの状態に戻せられれば、腕立て伏せは成功です!

床でなく、壁を使う方法もあります。壁に両手をつけて、前のめりの体制になります。この時背骨が曲がって猫背になったり。腰が反り気味にならないように気をつけましょう。また、肘を曲げたり伸ばしたりする時は、速くするよりもゆっくりする方が、筋肉に負荷がかかりやすくなって効果的です。

ステップ3:しあげに、胸の筋肉を伸ばしてリフレッシュ!

最後に、ストレッチ感覚で大胸筋を伸ばしていきます。両腕を上に上げ、右手で左肘を、左手で右肘を持ちます。そのまま、掴んでいる手で肘を頭の後ろへ倒してください。ゆっくり、じわじわと伸ばすのがポイントです。もし手元にタオルなどの長くて掴みやすいものがあれば、持ち上げた両手で掴み、肘を伸ばしたまま左右にひっぱる方法も効果的です。肩こりの解消にもつながり、一石二鳥ですよ。

バストアップ運動を習慣づけて、理想のバストを維持しよう

バストアップ運動の上級者にもなると、ダンベルやベンチプレスといった本格的なアイテムを使って、かなりしっかり胸筋のトレーニングをしているのだとか。ストイックに美を追求する女性は美しく、憧れてしまいますよね。ぜひ、手軽な運動からスタートして、あなたもメリハリのある魅力的なプロポーションを手に入れてくださいね。

-ナイトブラ

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.