ナイトブラ

谷間が無い!胸を寄せる方法を徹底的に調べてみた

更新日:


魅惑の「谷間美人」に憧れ中!
暖かくなってくると、襟元が広く開いた服、海での水着など、露出度の高い格好をする機会が増えますよね。そんなシーンで、ふっくらしたバストの谷間がちらっと見えたりすると、男性だけでなく女性でもドキッとしてしまいます。そんな魅惑の谷間がほしい…。でもどうしたらいいの?そんな疑問を持つ女性のために、谷間ができる胸と、そうでない胸について説明していきましょう。

バストサイズはあるのに、谷間ができない!

胸が小さいわけではない。なのに谷間ができたことがない!という女性は案外多いそう。お気づきかもしれませんが、「胸がある=谷間ができる」という訳ではなかったのです。胸があったとしても「垂れ」ていたり、「離れ乳」になってしまっていたりすると、本当はできるはずの谷間もできなくなってしまいます!

気になる方は、一度チェックしてみましょう。上半身に何も着ていない状態で、鏡に対して横向きに立ちます。この時、胸が片方しか見えない状態になるよう、立ち位置を調整しましょう。ブラジャーをしていない状態だと胸は重みで下へと下ります。この時、バストのトップより上が削げているように見えたり、横から見て「丸」でなく「三角」に近いような形をしていたら、胸の垂れが始まっている可能性があります。

次に「離れ乳」のチェックです。鏡にまっすぐ向かいあい、左右のバストのトップの位置を確認します。もし、右のバストは右に、左のバストは左に向いていたら、離れ乳ぎみであるサインです。離れ乳になっていると、胸が本当のサイズより小さく見えたり、ハリや柔らかさが損なわれたりします。

こういったバストの型崩れは、気づかないうちに進行しているもの。少しでも心当たりがあったらすぐにでも確認し、早い段階で対策することをおすすめします。

胸を寄せるにはどうしたらいいの?


では、一度離れてしまったり、垂れてしまった胸では、もう谷間をつくることはできないのでしょうか?実際、垂れてしまった胸を元の綺麗な形に戻すのは大変な作業です。しかし、戻らないという訳ではありません。胸に本来の大きさや弾力、筋力などを取り戻させることができれば、自ずとバストトップも上がり、お椀型の美しいバストを蘇らせることができます。

食事での栄養補給・ストレッチやマッサージ・サプリメントの摂取など、バストケアに効果的とされる方法は複数あります。生活に取り入れやすい方法を選び、無理のない程度で実践していくとよいでしょう。例えば、毎日大豆を摂取してみるとか、お風呂上がりに胸用クリームを用いてバストマッサージをしてみたりとか。毎日続けていくことで、徐々に効果が見られるはずです。

ナイトブラで谷間をGET!おすすめアイテムをピックアップ

バストアップ方法としておすすめなのは、「ナイトブラ」の利用です。美バストを保つためには、ノーブラでいる時間は少なければ少ないほどよいというのはご存知でしたか?ナイトブラは、その名の通り夜用の矯正下着で、お部屋でのリラックスタイムで着ていても、眠っている間に着ていてもよいう下着になります。

編集部が特におすすめるるナイトブラは「ヴィアージュ ビューティーアップナイトブラ」。独自に3D構造で胸をしっかりホールドし、一度包んだ脂肪を外へと逃がしません。

さらに嬉しいのは、正しく着用した直後から谷間があらわれるということ。アンダーがしっかりバストを支え、肩のストラップがバストを正しい位置にぎゅっと持ち上げてくれることで、谷間を作ってくれます。「本当の私のバストは、こんなに綺麗だったんだ」と感じさせ、モチベーションを上げてくれるでしょう。

まとめ

胸は、大きいことも大切かもしれませんが、やはり「形が綺麗」であることが一番大切と言えるかもしれません。みなさんもぜひ、暑い季節に向けて美バストメイクを初めて見てください。

-ナイトブラ

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.