育乳

食事で胸を大きくするなら、どんなメニューが効果的?

投稿日:


食事で効率的にバストアップ!育乳を頑張る女子が一度は試したことがある方法だと思います。有名どころなら「大豆」のイソフラボンとか、意外と「キャベツ」が良いだとか。バストアップ効果が期待できる食材というのは案外身近に、そしてたくさんあるそうなのです。今回は、バストアップによいとされる食材で作れる料理について紹介したいと思います。

胸を大きくする食事メニュー1:豆腐とキャベツのサラダ

1:キャベツを細切りにする
2:1と豆腐を混ぜる
3:2にお好みでめんつゆ(濃縮タイプ)と白ごまを和える

主な材料はキャベツと豆腐のみでできる前菜です。豆腐を使うのは、いわずもがな「大豆イソフラボン」を摂取するためですね。イソフラボンがどうして胸によいのかというと、体の中で「女性ホルモンににた働きをしてくれるから」なのだとか。女性ホルモンに似ているということは、バスト内部の乳腺に働きかけて、乳腺の周りに脂肪が集まるよう促してくれます。

次にキャベツについて。キャベツ等の野菜には「ボロン」という英応訴が含まれていて、このボロンがビタミンDを活性化させる働きを持っています。ビタミンDは、ビタミンの中でも特に美容効果を発揮してくれる栄養素です。フルーツや海藻にも含まれていることが多いので、摂取できる機会は比較的多めなのも嬉しいですね。また、このボロンは熱すると減ってしまうという特性があるので、ボロンを含む食材は可能なかぎり生な状態で食べるようにすると、さらによいでしょう。

胸を大きくする食事メニュー2:鶏もも肉とアボカドの味噌炒め


1:一口サイズに切った鶏もも肉に、塩胡椒で軽く味付けします
2:フライパンで1を焼き、焼き目がついたら味噌・酒・みりん・醤油を混ぜ合わせたソースを加え、さらに焼く

  ※ソースはお好みで材料の分量を調整してください
  ※ソースを入れた後は、フライパンに蓋をしながら焼いてください
3:鶏もも肉にしっかり火が入り、味が馴染んだら火をとめ、一口サイズのアボカドを加えてサックリ和える

メインの食材となるのは鶏もも肉とアボカドの二つ。アボカドがお好きな女性におすすめできる一品です。そんなアボカドには、「ビタミンE」が豊富に含まれています。ビタミンEの働きといえば、血行の促進。バストまで栄養がきちんと運ばれるよう、血の巡りを改善してくれます。また血行がよくなると、冷えも改善に近づきますね。森のバターと呼ばれるアボカドは、栄養も食べ応えもあるスーパーフードの筆頭です。

そして鶏もも肉について。ここから取り入れたい栄養素はずばり「アミノ酸」です。アミノ酸は体の中でタンパク質を合成してくれると言われています。バストアップのために、タンパク質は不可欠です。ここでは鶏肉を取り上げてご紹介していますが、豚肉にも、牛肉にも、種類によっては魚類にも、一応アミノ酸は含まれています。お好きな食材を選んでアレンジするとよいでしょう。

胸を大きくする食事メニュー3:牛乳プリン

1:あたためた牛乳200mlに、お好みの甘さになるまで砂糖を加える
 ※目安は10〜20g
2:お湯で溶かしたゼラチン5gを1に流し入れる
3:お鍋にいれたままある程度冷めたら、カップに流し入れて冷蔵庫で固める

「牛乳」は、外すことのできないバストアップ食材です。動物性の食材のためタンパク質が含まれていながら、脂質・炭水化物も含まれています。そして、意外と不足しがちなカルシウムとミネラルも含まれていて、取り入れない手はありません。

もちろん普通に飲んでもよいのですが、せっかくならデザートとしても楽しんでもらいたいと思います。ゼラチンの量も、固めにするか柔らかめにするがで分量が前後するので、何度か作りながらちょうどいい量を見つけてください。

まとめ

バストアップのための食事というと、ヘルシーだけど味気ない感じになるかと思いきや、案外ボリューミーで食べ応えがあるメニューになりました。ぜひ、いつもの食生活に取り入れて、効率的にバストアップを目指してください。

-育乳

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.