育乳

美乳づくりに効果的なバストアップエクササイズ!おすすめ方法を大紹介

更新日:


胸を大きくするためにエクササイズに挑戦するのは、非常に有効なバストアップ方法だということを知っていましたか?育乳の基本ともいえるトレーニングをしっかり身につければ、憧れのバストにまた一歩近づけるはずです!

運動不足は世界的に蔓延中!

突然ですが、最近運動をしていますか?近頃はフィットネスへの関心度が高まったり、登山やランニング・マラソンなど体を動かすタイプの趣味が注目されてきた影響で、定期的に運動の機会をもつ人が徐々に増えてきました。しかしそんな現在でも、世界中の6~7割の人が運動不足であるとされています。特に女性たちの運動不足はいちぢるしく、年齢・体型にみあった筋肉量を、意識して保持できている成人女性はほとんどいません。

胸の筋肉はなぜ必要?

バストアップ・育乳に興味がある女性なら、胸を大きくするためのトレーニングがあることや、プロポーション維持のために胸周りの筋肉が必要なことをなんとなく知っている人は多いかもしれません。でも、なんとなくの知識のままでは今後のエクササイズに身が入りにくくなってしまいます。そこで、胸の筋肉の役割について簡単にご紹介しましょう。

バストにとって筋肉は「土台」です。いわゆる胸板である「大胸筋」と、それを深い位置から支える「小胸筋」があり、この二つの筋肉が鍛えられることで胸を美しい形に保つためのベースができます。胸が垂れる原因は主に大胸筋・小胸筋の衰えなので、日頃からきちんとトレーニングして昼用な筋力を維持できていれば、年齢を重ねていっても若々しい胸元をキープできるというわけです。

それではいよいよ、頼りになる胸の筋肉を発達ささえるためのエクササイズをご紹介していきましょう!エクササイズを実施するまえに、胸周りの筋肉をほぐすようにしましょう。右手を右肩に、左手を左肩にのせ、肘で大きなまるを描くようにゆっくり回したり、背中の後ろで手を組み、下へむかってグッと押し込むようにすると、筋肉を効率的に伸ばすことができます。

バストアップエクササイズその1:カンタン腕立て伏せ


1.床に手と膝をつき、四つん這いになる
2.つま先は床から上げ、手は肩の幅より少し広くなるように置く
3.無理のない深さになるまで肘を曲げ、また伸ばす

通常の腕立て伏せをこなすのはすごく大変ですが、膝をついた状態なら、筋力の少ない女性でも無理なく実践することができます。膝が痛くならないよう、床にはマットなどを敷くようにしましょう。小刻みな上下運動を20回続けて、一休憩。これを全部で3回繰り返します。床でやる方法の他に、壁に向かって腕立て伏せする方法もあります。ピンと伸ばした手の指先が壁にふれる位置に立ち、腕と床が並行するように手をつきます。あとは、また小刻みに腕立て伏せをするだけ。お仕事中の気分転換の運動にもなるので、ぜひやってみてください。

バストアップエクササイズその2:お祈りポーズ

1.胸の前で両手を合わせ、真ん中にむかって押しつぶすように力をこめる
2.同じ体制のまま指を組ませ、左右にむかって引っ張り合う

先ほど紹介した腕立て伏せよりさらにお手軽なのがこの方法。手を押し込むときも引っ張るときも10秒ほど、ゆっくり息を吐きながら行いましょう。1度のエクササイズにつき20回が目安で、2度行うのがよいです。このエクササイズをする時は、力んだ腕が肩より上がったり、下がったりしないように気をつけてください。

まとめ

胸を大きくするためのトレーニング・エクササイズに、厳しい運動が必要ないことを知っていただけましたか?継続が力となりますので、毎日コツコツと続けてくださいね。

-育乳

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.