ナイトブラ

いつもの美乳ケアに「ナイトブラ」をプラスでバストアップ!

更新日:

突然ですが、あなたは自分のバストを見てどう思いますか?もっと大きかったら…。形がキレイだったら…。正しい位置にあったら…。もしこんな悩みを持っていたなら、育乳・美乳ケアをしないのはもったいないことです!憧れのバストは、日々の努力と継続で近づける。そう思ってもらえるよう、この記事では簡単なバストアップの運動や、育乳のためのアイテムを紹介していきます。

育乳・美乳ケア、してますか?

例えば「ダイエットしたい!」と思ったら、脂肪の気になるパーツをマッサージしたり、筋トレやストレッチをしたりしますよね。肌荒れが気になったら化粧水や食べ物に気を使うし、髪のダメージが気になったらトリートメントを変えたりすると思います。それなのに、女性は案外「バストケア」をおろそかにしがちだと言われているのをご存知でしたか?

膨らみのある胸、いわゆるバストは女性にしかないパーツ(男性の胸元はチェストと呼びます)です。そして、バストラインの美しさは男女問わず憧れる要素です。女性側の意見としては「普段胸は服の下に隠れているから、ブラパッドで盛れる」という意見もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。それに、自分のバストサイズに合っていないパッド付きブラジャーを着けていると、かえって胸の形を損なわせたり、血行を悪くしたりしてしまいます。

もし、自分のバストを見て「もっとこうだったら」と思う部分があったら、今日から育乳・美乳ケアをスタートしてみてはいかがでしょうか?整ったボディラインは見た目の美しさだけでなく、心に自信も与えてくれるはずです。

効果あり?今日から始められるバストアップ方法

その1:自分のバストサイズ・ブラサイズを知る
自分の体にピッタリのブラジャーを着ける、というのはバストケアの基本中の基本です。小さいサイズのブラで締め上げることで美乳に見せようとしたり、窮屈なのが嫌だからと言ってゆったりりしすぎたブラを着けていると、それ以外にどんなバストケアをしても、ほとんど効果を実感できなくなってしまいます。バスト周りのサイズを自分で測るのが難しいと感じたら、ランジェリーショップで測ってもらうとよいでしょう。

その2:バランスのとれた食事&規則正しい睡眠
「食事」と「睡眠」も、バストを成長させるのに大切な要素です。ビタミンEをはじめ、大豆類から取れるイソフラボン、魚類が持つタンパク質、そしてアミノ酸などをバランスよくとりましょう。もし、ちょっと無理をした食事制限ダイエット中の方がいたら、ダイエットとバストアップは両立が難しいので「育乳ケアはまた今度」と思ったほうがいいかもしれません。

次に睡眠。夜中の10時から2時にかけての時間が、1日の中で女子ホルモンの分泌もっとも盛んになるゴールデンタイムと言われています。女性ホルモンが、胸にある「乳腺」を発達させる。そして発達した乳腺を包むために脂肪が集まり、結果としてバストが膨らむ。このメカニズムを知っておくと、バストアップのために、どれだけ睡眠が重要かわかると思います。

その3:体操・マッサージ・ツボ押し
体操やマッサージ、ツボ押しに期待できるのは「体の血行・リンパの流れをよくする」というものです。血行やリンパの詰まりを改善させることができれば、女性ホルモンがスムーズに体を流れて胸まで行き渡ります。体が温まっている時の体操・マッサージが効果的なので、軽い運動後や、毎日のお風呂上がりにトライするのがいいと思います。

どうしてみんなナイトブラを着けるの?

さて、日頃のバストケアも完璧!バストのトップが持ち上がったり、ハリがでたりと、効果が見えてきた!努力の成果を感じる瞬間というのは幸せな時間です。しかし、バストケアにおいては、まだまだ油断できない段階です。

バストは、支えていなければキレイな形を保てません。日中はブラジャーが外部刺激から守ってくれています。では、眠っている間は?寝返りや横向き・仰向けなどの態勢によって前後左右に胸が揺れると、せっかく整えたというのにまた形くずれを起こしてしまいます。

就寝中の無防備なバストを、揺れや垂れから守るのが、ナイトブラの一番の目的といって過言ではありません。日頃の努力を少しも無駄にしたくない!という方は、ぜひいつものバストケアに「ナイトブラ」を取り入れてください。

おわりに

日中には日中のブラ、夜寝る時にはナイトブラと、きちんと使い分けられるといつでも胸を守ってもらえますね。この記事が、みなさんがナイトブラに興味を持てるきっかけになれたら嬉しいです。

-ナイトブラ

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.