ナイトブラ

イソフラボンが胸にいいのはなぜ?

更新日:

「イソフラボン」はバストアップにかかせない?

「イソフラボン」が、胸を大きくしたい、キレイな胸を手に入れたいと願う女性たちに親しまれ始めてからずいぶん経ちましたね。食べ物、飲み物、サプリメントなど、効率よく摂取できるアイテムも溢れるほど市販されています。

ただ皆さんは、どうしてイソフラボンがバストアップに役立つのかをきちんと知っていますか?もしかすると「なんとなく」とか「皆んなが飲んでいるから」という漠然とした理由から摂取している人が多いかもしれません。

そこで今回は、イソフラボンに関する基礎知識や、意外ない事実についてご紹介していきます。イソフラボンに興味がある人のためにおすすめのサプリメントもご紹介していますので、よかったら最後まで見てみてくださいね。

イソフラボンがもつ本当のやくわりとは

イソフラボンといえば「大豆」です。大豆は納豆、豆腐、きな粉、みそ、豆乳など、たくさんの形で日本人の食生活に馴染んでいます。特に牛乳の代わりとして使われることの多くなった豆乳は著しく普及していきました。

さてそんなイソフラボンは、美容面・健康面のどちらにも良い影響を期待されています。美肌効果にはじまり、ガン予防・骨粗鬆症(こつそしょうしょう)予防・コレステロール値のコントロールなどに役立ってくれるのだとか。キレイにも健康にも近づけてくれるなら、摂取しない手はありませんね!

そもそも大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種”エストロゲン”に類似した働きをすることで知られています。エストロゲンの役割といえば、肌や髪を美しく保ったり、排卵・妊娠のための準備を促してくれたり。生理が一定の周期にそって起きてくれる理由も、エストロゲンが深く関係しています。そしてなんと言っても乳腺の発達の手助けをして、胸が大きくなるように働きかけてくれます!

洋食を食べる機会が非常に増えた現在の食事事情の中で、日本人による日常的な大豆の摂取は半分以下にまで下がっていると言われています。ちょうど良い摂取量の目安となるのは、お豆腐半丁、または納豆1パック。決死て食べるのが難しい量ではないので、朝昼晩のうちの一食分に取り入れたいですね。

イソフラボンが効かない体質の人もいる!?

ちょっと食べるだけで良質な栄養を得られるなら!と積極的に大豆製品を食べたいところですが、ひとつ知っておかなくてはならないことがあります。それは、大豆を食べても、イソフラボンを十分に吸収できない体質の人もいる、ということです。食べたものは、腸を通っている時に栄養を吸収されますよね。その腸内に住む細菌が、大豆イソフラボンから「エクオール」という栄養を作れるかどうかがカギとなるのです。

自分の腸が、エクオールを作れる腸かどうかを調べることはまだ難しいのだそう。そのため、3ヶ月以上毎日継続して大豆イソフラボンを摂取しているのに手応えを感じられない…。という人は、残念ながら大豆イソフラボンの恩恵を、少し受けづらい体質かもしれません。

おすすめバストアップサプリ:LUNA

大豆・イソフラボンの力を信じたい!という方にご紹介したいサプリメントがあります。その名も「LUNA(ルーナ)」 です。大豆イソフラボンがもつ効果をつきつめて追求し、栄養として吸収されやすくなるように開発されています。発売からすでに70万個の売り上げに迫る勢いで、多くの女性たちに選ばれてきています。

このLUNA は、「自信を持てない女性、自信を失ってしまった女性に輝いてもらうため」という強い思いのもとに開発されました。そんな女性による女性のためのサプリメントだと思うと、信頼度が高まります。

まとめ

栄養価が高く親しみがあって、さらに美味しい!そんな大豆料理を摂取して、美しく、健康的な体づくりに役立ててくださいね。

-ナイトブラ

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.