ナイトブラ

胸の悩みはどうやったら解消できる?効果的な方法TOP3をご紹介

更新日:

思春期を迎えたころから、胸の悩みは女性にとってつきものですよね。

人によって胸の悩みは異なりますが、ほとんどの女性が胸に対して何らかの悩みを抱えているといわれています。

しかし、その胸の悩みは自分自身で解決することができるかもしれません!

そこで今回は、胸の悩みにどんな共通点があるのか検証しながら、解消するための効果的な方法を厳選して3つご紹介していきますね。

胸の悩みにはどんな共通点がある?

まず、日本人女性が抱えている胸の悩みには以下の共通点があります。

胸が小さい

胸の悩みで最も多いのが、小さいといったコンプレックスです。

胸の大きさは、

・遺伝的な要素

・成長期の女性ホルモン

この2つが大きく影響するんですね。

ほとんどの人は遺伝的な要素が1番大きいと思っていますが、実は女性ホルモンの影響の方が圧倒的に大きいんですよ。

女性らしい体つきを作り出すのは、女性ホルモンであるエストロゲンです。

エストロゲンは、初潮を迎える思春期から活発に分泌されるようになり、20代では分泌量のピークを迎えます。

この時に分泌されるエストロゲンの量には個人差があるため、少ないと胸の大きさにも影響してしまうんですね。

また、胸が小さい人は「冷え性」といった共通点もあります。

体が冷えやすい状態になると、血行が悪くなって必要な栄養素をしっかりと胸に運ぶことができなくなってしまうため、冷え性対策もしっかりと行うことが大切ですね。

胸が離れている

女性のバストが最も美しく見えるのは、「ゴールデントライアングル」と呼ばれている黄金比を実現している形です。

ゴールデントライアングルは、鎖骨の中心から、バストトップが正方形を描いている状態を指します。

しかし、胸が離れている状態だとこの正方形を維持することができなくなってしまうため、胸の形が悪く見えてしまうんですね。

胸が離れてしまう大きな原因は、生活習慣です。

特に、就寝時間帯は胸に重力がかかっている状態なので、一定方向ばかり向いて寝ていたりすると、胸が離れやすくなります。

胸が垂れている

10〜20代前半までは気にならない女性も多いですが、30代以降になると胸が垂れているといった悩みが増加します。

胸が垂れ下がってしまう原因は、

・妊娠や出産

・就寝中のノーブラ

主にこの2つが挙げられますね。

妊娠したことで胸が一気に大きくなり、さらに授乳によって引っ張られることが多くなると、クーパー靭帯が損傷してしまうんです。

また、就寝中にノーブラの状態で眠っていると、重力がかかってしまい、同じくクーパー靭帯に負担をかけます。

悩みを解消する効果的な方法TOP3

それでは、上記でご紹介した胸の悩みを解消する効果的な方法を、今から3つご紹介していきますね。

3位「バストアップエクササイズ」

胸の構造をしっかりと確認すればわかりますが、土台となっているのは大胸筋と呼ばれている筋肉層です。

バストアップエクササイズによって大胸筋を毎日刺激してあげることにより、「離れ胸」や「下垂」を改善することができます。

ただし、エクササイズは不定期にやっても良い変化を期待することはできません。

少ない時間でも毎日コツコツと積み重ねていくことが大切です。

2位「バストアップサプリメント」

バストが小さいとお悩みの女性が、女性らしい体つきを作るためのエストロゲンが不足している可能性があります。

そこで、エストロゲンに似た働きをしてくれる成分がたっぷりと配合されているのが、バストアップサプリメントになります。

LUNAプレミアム」や「ミーモ」といった安全性の高いバストアップサプリメントはとても注目されているので、胸が小さいと悩んでいる女性におすすめです。

1位「ナイトブラ」

私たちが眠っている間に、しっかりと胸をホールドしてくれるのがナイトブラです。

ナイトブラを装着していれば、重力がかかりやすい胸をしっかりと守ることができ、バスト周辺に流れてしまった脂肪も元の位置に導いてあげることができます!

背中の脂肪をバストに誘導してくれるナイトブラ「ドリームルナ」や、重力に負けない上向きバストをメイクアップしてくれる「ハグミー」は、かなり口コミ評価の高い商品なのでおすすめですね。

まとめ

今回は、胸の悩みの共通点にスポットを当てながら、解消するための効果的な方法を3つご紹介しました。

胸の悩みは自分自身で解決することができるので、ぜひ気軽に取り入れられるものから始めてみてくださいね!

-ナイトブラ

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.