ナイトブラ

ナイトブラって何?育乳効果はあり・なし?

更新日:

最近、「育乳」という言葉とともにさまざまなブランドからナイトブラが発表されています。本当に着けるだけでバストアップできるの?とちょっと疑いたくなりますよね。今回は、女性のバストが膨らむ仕組みと「どうしてナイトブラが有効なのか」についてご紹介していきます。

どうしてバストは膨らむの?

10代のある日、どうも胸が張るような、押すとちょっと痛いような時期を経験しませんでしたか?女性は思春期にさしかかると、女性ホルモンの影響で胸にある「乳腺」が発達し、その乳腺を外部からの刺激から守ろうとすることで脂肪が胸に集まってきます。これが、女性のバストが膨らむおおよその仕組みです。女性ホルモンを十分に分泌させるには、以下のことが必要になります。

・栄養バランスよく食べることと
・夜更かしせずしっかり眠ること
・ストレスを溜め込まないこと

例えば成長期に過度な食事制限を用いるダイエットをしてしまったり、1日の中で女性ホルモンの分泌が最も活発になる”夜の10時から深夜2時まで”に良質な睡眠を取れていなかったりすると、女性ホルモンの分泌が減り、乳腺も活発にならず、バストの脂肪も集まり切らないのだそうです。

ストレスを溜め込まないというのは、現代を生きる女性たちにとってはなかなか難しいかもしれません。そこで「自分にぴったりのストレス解消法」を見つけておくと、日常のストレスと上手に向き合い、ホルモンバランスが乱れるのを軽減できるかもしれません。

バストはきちんとケアしないと“垂れる”!?

成長期にばっちりバストが成長したら、もうバストアップの努力は必要ない!と思ってしまいそうですが、その考えはちょっとだけ危険かもしれません。ずばり、バストはきちんとメンテナンスしてあげないと、美しい形を保っていられないのです。

よく言われる美乳の条件に「綺麗なお椀型」とあるのですが、そもそも胸とは、言ってしまえば重みのある脂肪のかたまり。そんなパーツがどうして綺麗なお椀型でいられるのかと言うと、「クーパー靭帯」という組織がバストを包囲し、支えてくれているからなのです。

そしてこのクーパー靭帯も別の場所の靭帯と同じく、激しい運動や力が加わることで、伸びたり切れたりすることがあります。しかも、切れた・伸びたクーパー靭帯を修復する方法は、いまのところありません…。そうなったバストは重力に任せて下へ下へと下り、垂れて見えてしまうというわけです。

私はシンデレラバストだから心配ない!といのもまた間違い。クーパー靭帯が傷つく可能性は、バストの大きさに関係なくあります。

ナイトブラでできる育乳&バストケア

日中、仕事中や学校に行っている時のバストは、ブラジャーにある程度守られて大きく揺れたり、垂れさがったりはしません(※ブラを正しく装着した場合)。見直してほしいのは「夜の間」です。外から帰ってきて部屋着に着替えた時、ブラはしていますか?眠っている時はどうですか?

普通のブラで感じられる体への締め付けや、肌にブラの硬いパーツがあたったりするのは、リラックスするにはちょっと邪魔ですよね。実際、日中に着けるのと同じブラジャーを寝ている間にも着けるのはおすすめできません。でも、仰向けに寝たり、寝返りをうったりで、いつの間にかバストにストレスがかかっているのも事実…。じゃあどうしたらいいの?と悩んだ時に使えるアイテムが「ナイトブラ」なのです。

伸縮自在で体にフィットし、窮屈さを軽減している、というところがナイトブラの一つの特徴。これなら着けて寝ても安眠の邪魔になりません。また、寝返りなどで揺れそうなバストもしっかりホールドして、クーパー靭帯が必要以上に伸びてしまうのを防ぎます。

さらに、ナイトブラを着ける時は胸周りの脂肪をブラカップの中に閉じ込めるようにして装着するわけですが、そうすることで背中や脇などに脂肪が逃げず、「形状記憶」することで少しずつバストが育っていく、という効果も期待できるのです。毎日の継続が鍵となるので、バストケア・育乳を考えている女性は、ぜひ早めに使い始めてみることをおすすめします。

まとめ

できればいつまでも美しい胸元でいたいもの。いつまでも浮くつしいボディラインでいたい!という方はもう、ナイトブラを生活に取り入れていることでしょう。ぜひあなたもこれを機に、ナイトブラデビューしてみてはいかがですか?

-ナイトブラ

Copyright© バストアップガールズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.